プーさんは心の師匠です

スポンサードリンク

わたし、子供の頃から大好きだったビデオがあって
そうビデオテープだよ、DVDじゃないんだよ

今だともうレコーダーすら見ることもなくなってしまった
弁当箱みたいなやつ

それが「クマのプーさん」だったんだよね

いまだとネットがすっかり普及しちゃって
スマホがあるのも当たり前で
動画配信サービスまで完備してて
AmazonプライムとかNetflixとかYouTubeとかいつでも見られるようになったから
ほんとに便利だよね

いつでも時間が潰せるんだもん

代わりに動画をとばせるようになったから
OPとEDの曲が覚えられなくなった

見たいんだけど1クール13話で
13話×25分=約5時間半
もう集中して延々みることができなくなっちゃったんだ

子供の頃って時間が無限にあるんじゃないかって思うくらいひたすら長くて
早く大人になって好き放題したいなって思ってたんだけど

たしかにできることは増えたし、自由でもあるんだけど
気力も体力は子供の頃みたいにもうないんだわ
そんで時が流れていくのがどんどん早くなってんの

1年なんかあっというま
人の体感時間て
0~18歳=19~83歳(平均寿命、要は死ぬまで)

がほぼ一緒なんだって
通りで早いと感じるはずだよ
18年 と 54年 が同じ感覚で流れていくわけでしょ
徐々に早くなっていくけど最終的には3倍早く流れていかないと
帳尻があわない計算になってるじゃん

そうなると時間の価値って変わってくるんだよね
気づけばアニメのOPとEDの計3分を削ってみちゃうんだよね

時間なーい、でもみたーい、サクッとみたーい

13話×3分=約40分
これで5時間切りになる

OPとED、サビならわかる程度になっちゃったんだ
だからカラオケで歌える曲も、OPとEDをちゃんと聞いてた頃から止まってる
自然に覚えて気が付いたら口ずさむことがなくなっていったんだ

でビデオテープですよ
当時は1本を何回も見るしかないわけ
セリフとかストーリーとか覚えてるのに何回も見るしかない
むしゃぶり尽くすように見たわけ

だって他に楽しめる選択肢がないんだもん
スマホでネットとかゲームとか動画見れないんだもん

きょうの書こうとしてるのは
年を重ねると同じものでも見え方ってこんなに変わるもんなのねって話

でクマのプーさん
けっこう変わった角度で見ていくんだけど
決してプーさんを貶める目的でいうわけじゃないからね

【わたしプーさんは今でも大好きなんだよ】

ディズニーキャラの最推しは今なおプーさん

大人になってから見方が変わったけれど
【心の師匠】 になってんの
尊敬するヒトは?と聞かれればプーさんと答えるくらいに

じゃあどう見方が変わったかって話をしましょうか

子供の頃だとプーさんの印象って

のんびりしてる
どっか抜けてるトコがある
でもカワイイ
クマさんって感じ

大人になってからだとこう変わる

常にハイパフォーマンスで生きてるプロフェッショナル
ハチミツが絡むとサイコになるクマ

プーさんて実はすごいんだよ
「クマのプーさん」の作中で問題に対処して完遂できるキャラって
クリストファー・ロビンを除くとプーさんがほぼオンリーワンなの

だからプーさんがいないと問題解決しない=いないと困る
これがあるからプーさんは頼られる存在なんだよ

他にいろいろキャラはいるんだけど
物語だからね、何かしら問題が起きて
さあどうしよう?どうしよう??って展開って必ずあるじゃん

他のキャラ、知ってる?
名前と問題が起きたときのリアクションはこんな感じなのよ

ピグレッド: 臆病なので隠れる、逃げる

ラビット: 案はたくさんだすけどいざとなると止まる

ティガー: 気まぐれなので考えるのも行動するのもすぐ飽きちゃう

カンガ: 心配してくれる

ルー: 幼い故に考えたり、ひとりだと実行できないことがある
    カンガさんに止められる

イーヨー: じぶんの絶望で包まれて、そっちを考えるのに手一杯

オウル: じぶんが話すのに夢中

ゴーファー: 穴掘り(仕事)第一主義

プーさんだけなんだよ思考して行動するまで完璧こなせるのって

プーさん問題が起きたときによくやるんだけど
「たぃへんだぁ~」っていったあと

かんがえる・・・かんがえる・・・
ってアイディアだしの時間をしっかりとってんの

で考えたあとに必ずまずやってみるんだよね
その過程でプーさんに悪意は一切ないわけ

<出展元:YouTube>

たとえばこの動画、1:00以降の展開
困ったイーヨーを助けるためにプーさんは即座に行動したのはいいけど・・・
けっこうエグいことをさらっとやる

そこに痺れるあこがれる

プーさんの思考回路は
目標ができたら
最善のアイディアを考えて行動して
失敗しても成功するまで
忠実にやっていく

これに尽きるの

プーさん、のんびりしてるけどものすごい合理主義なんだよ

なにげないひと言なんだけど、大人になるとぜんっぜん重みが違うなって
コトバあって

「プー、いまなにしてるんだい?」って聞かれて
プーさんはこう答えるの
「なにもしないをしてるんだよ」

一見なにもしてないだけじゃんと思うじゃない?
子供のころのわたしはただ怠けているを別の言い方をしているだけだと思ってたんだけど

意図して休憩をとってるんだよ
1つの作業をダラダラやるんじゃなくて今は休憩すると決めてるんだよ

スポンサードリンク

集中力ってサイクルがあんの
15分、45分、90分
個人差はあるけど、だいたいこのサイクルを超えると集中力がきれちゃうの

そうなるとどうなるかって?そりゃ効率悪くなるよ
焼肉いっぱい焼いてコゲだらけになった網のまんまで焼肉しても
焼けるの遅くなるでしょ?なんならマズくなるでしょ?

作業も一緒
完成が遅くなるし、できたもんもいまいちになる

じゃあどうしたらいいかって網を1回かえたらいいじゃん

それが休憩にあたるわけ
でも休憩するぞってちゃんと休むって勇気のいることだよ

目の前の問題を一旦ぜんぶ置いておいて、その先の結果のために
あえて休む

導火線の火が進んでるのに、今とめようとして消えないから
じぶんが最高のタイミングになるまで一旦待つ

なかなかできることじゃない

でもプーさんはそれができる
今は休むとき、だから休むができてしまう

でそんなプーさんのモチベーションてなにが1番か知ってる?
プーさんはよく言ってるわけ「ハチミツたべたぁいなぁ」

そう、ハチミツを食べること
これが絡んだときはプーさんはリミッターが外れてんだよね


<出展元:YouTube>

0:25~から
ハチミツをとるのにいいアイディアを思いついたプーさん
ピグレットとの共同作業
果たしてプーさんのとった行動とは???

こっちはもはや鬼畜の所業
おまえの血は何色だぁ!?ってくらい鬼みたいなコトをする

真顔でやってくるからなおサイコ感がある

プーさんのハチミツ食べたい欲は
もはや欲求とかいうレベルで収まってないと思う
いうなれば
信念であり生き様そのもの

有名な登山家が残した名言に
「なぜ山に登るんですか?」と聞かれたら
「そこに山があるからさ」

っていうのがあるけどプーさんの場合は
「そこにハチミツがあるからさ」

ハチミツがあったら食べる
徹底されたハチミツ至上主義
もはやアイデンティティ
プーといったらハチミツ
ハチミツは人生なんだよ

隙あらばハチミツだからね
ちょっとハチが目の前を通り過ぎたら

ハチミツセンサーにすぐひっかかって
途端にプロのハチミツハンターになるんだよ

どんなにちいさなチャンスでも逃さないんだよ

プーさんとつぜん「今日はタピオカ飲みたいな」
とか流行をおっかけたりとか絶対しなさそうでしょ

この心の軸はブレないわけよ
あまりにブレないからハチミツ=プーさんて完全に認知されてるわけ

あいつの欲しいものといったらこれでしょって刷り込まれるくらい
発信されてるんだよね

このヒトといったらコレ
わかりやすい肩書、表示があると覚えてもらいやすいんだよね

3つ要素が掛け合わさると効果が段違いなんだって

①ディズニーキャラクターで

②いつも赤いシャツを着ている

③ハチミツ狂いのクマ

これだけインパクトがあったら忘れないでしょ
1人しかいないでしょ

この3つの掛け算て1つは世間的にマイナスって思われる面があると
よりヒトの心に刺さりやすくなるみたい

たとえば例としてAさんとしよう

掛け算形式にして紹介してみよっか

①ITエンジニアで

②服が青ばっかりの

③異性装家

服が青いと異性装って服でジャンルかぶりを起こしちゃってるんだよね
3つ要素けどこれじゃいまいち

じゃあここに敢えて1つマイナス要素をいれてみよっか

①ITエンジニアで

②10年以上付き合って結婚した彼女に不倫された末、離婚して人間不信になった

③異性装家

・・きついしつらみ・・・・

パンチがえらい効いてない?
これなら一発で覚えてもらいやすかろうね

スイカに塩
プラスプラスにあえてマイナスをぶち込む勇気

クールなおねえさんがじぶんにだけ見せてくれる笑顔みたいな

人見知りでビビリなのに二人きりのときは甘えてくるネコみたいな

ギャップ萌えだよね

こんな風に肩書きみたいなのがあるとすぐ覚えてもらえることでしょうよ

だからクマのプーさんでは
お祝い事なんてあるとみんなプーさんにはハチミツをもっていく

ほしいモノのほうから歩いてきてくれるようにもうなってるんだよね

ハチミツが絡むとやばくなるエピソードは他にもあってさ


<出展元:YouTube>

プーさんハチミツ食べようとしたら家にハチミツが一切ないわけ
だから誰かにわけてもらおうとする

ターゲットになったのはラビット
家にいくまではよかったけど、ラビットに初っ端から居留守を使われるんだよね

この時点で雲行きがだいぶあやしい・・・・
何回も同じことをしていたんではないかという憶測が・・・

でラビット根負けさせてハチミツもらう

もらったのに「少なくない?」と平気でいう
追加を要求し、最終的にすべてのハチミツを食べつくす

山賊並みの慈悲のなさ

遠慮はせぬ
そこに一切の容赦はない

そして最終的に食べすぎて玄関につまる

遊びにきてひとんちで散々飲み食いした後に
玄関いっぱいに眠りこけられたらめっちゃ迷惑じゃない?

でもオチを見るとわかるけどプーさんまったく懲りてないからね
ここまで情熱をハチミツに注いで生きてるわけですよ

やらかすけど
成功するまで行動するからね

けっこう書いたけどプーさんはプロフェッショナルって理由
少しでも伝わったかな?

スポンサードリンク

コメント