【ネタばれあり】愛の形に正解はありますか?【ミス・キャスト】

スポンサードリンク

きょうお芝居みてきたんだよね

歪に移ろう恋愛模様
表にだせない恋愛模様

お芝居って見た後って色んな感情がでてくるようになっちゃったみたいで
まだわたしが幼かった頃は、見るものすべてが未知だったからさ
ぜんぶまっさらで見るしかなかったんだよね

これでもけっこう生きてきたからさ
気づいたら感情がひっぱりだされる描写とかってけっこう増えたみたいなんだよね

今日はあいにく帰りが遅かったからさ
お芝居みたあとに恒例になりつつある喫茶店で一旦落ち着くができないんだよね

だからきょうは衝動のままに書いてくことにする
あきるまでただ書こうと思う

うだるような蒸し暑さ
日本の夏はなんでこんなにジメジメしてるんだろう
クーラーなしの空間は密林の中にいるみたい

そんな夏
わたしは1つ思い起こすことがある
大好きなバンドのファンクラブイベントでメンバーの生誕イベントが8月にあってさ
ファンクラブイベントなんてぜったい緊張するじゃん・・・
ファン暦浅いし、浮いちゃったらどうしよう・・・こわっ

でも生きてるうちに1回生きたいってビクビクしながら初めて申し込んだのがもう何年も前でさ
1回いったら2回目だいぶいきやすくなるんだよね

夏が近づくと思うになんの
またファンクラブイベントがあるから今度はなに着ていこうって

ちょうど2回目のタイミングでメイクするようになってたから
メイク暦半年でイベント参加できたんだよね

できる限りの精一杯のおしゃれをしてさ
メイク暦2年の今からみたら粗いっぱいあるんだけどさ

そのときじぶんができる最上のおしゃれをしていってたんだよね
そこでイベントだからお話する時間あったりしてさ
「好き勝手してたらこうなりました」って話したら
「いいと思うよー」って屈託なくいってもらえてすごい救われたんだわ

万人受けってなにやってても難しいじゃん
それは知ってるわけよ
わたしにも殊更好きなヒトや、ごめんちょいと理解ができんから離れるってヒトはいるもんね

で、苦手ならお互い干渉しなけりゃいんだけなんだけど
たまにあるんだよね、口ではいいといってるけど顔とか態度がそうじゃないヒト

それが一番困るわけよ
だって見ててわかるんだもん
このヒトいってること本心じゃねーなって

そうするとこっちも信用しようがなくなっちゃう
チグハグなんだもん
心がないもの渡されても、受け取れる気がしないんだよね

話がそれちゃった、まあそういうヒトもたまにいるんだよって話だよ
でイベントにおしゃれしていくようになったっていう話の続きね

すっごい好きなバンドのイベントだからさ
お祝いしたいわけじゃん

あんま使わなくなったんたけどきょうはそういう気分だから久々に
一人称これ使うか

オレ、メンズの服も気に入ってんだけどやっぱできることが幅がせまいって感じるわけよ
メイクを覚えてからのほうがやりたいこと色々できるもん
装いって表現だし、いまあるじぶんをこう見せたい
じゃあ作ればいいじゃんってときにメイクってそれができるんだよね

ファンデーションの塗り方から
アイライナーは上にはらうか下にはらうか
シャドー、チーク、リップの色あわせ

顔なんで作るって服とあわせたときに世界観統一したいからだし
きょうしたい顔は作る
服をきたときに1つになる

色味変えたり、塗り方かえるだけで出したい雰囲気って変えられるんだよね
もう全身がキャンパスみたいなもんよ

メンズができるおしゃれってシャツとズボンと上着からの分岐
それに比べればレディースを纏うことでできる選択肢のなんと多きことよ

数回しか会ったことない人、メイク後であってからすっぴん見せても気づかれないとかあるからね
声をだしたらすぐわかるみたいだけどね

オレがわたし、わたしがオレになって
中身は同じなのにね
外見を変えたらわかんなくなるんだよ

ヒトって形に対してあいまいなんだなとも思う
ぼんやり見えてるだけでほんとはなんも見えてないのかもしれない

じぶんに都合がいいとこしか見ないしね、オレも例外ではないよ
見たい世界を見てるだけかもしれないじゃん
そしたらさ、いまあるじぶんてほんとうに存在してんのかなって思う

メイクしたら知覚されないって存在がなくなってたってことでしょ
もう世界にオレかわたしのどちらかはいないわけだ

どちらもじぶんなのにね

万華鏡みたいに形を変えてるだけだよ
くるくる回すと模様が変わる

まあオレ(わたし)の場合は、ちょこっとだけ模様が選べる
好きな仮面をつけて化けられる
なりたいじぶんを外見で作る

おもしろいのが外見から作ると中身もそれにあわせて形がかわるんだよね

考え方

物腰

動作

立ち振る舞い

口調

あいまいだから好きに作ってもいいじゃない

オレとか最近いわなくなったけど、そういう面も持ってることを知ってれば必要があったら使えるよね
高校時代にできたトモダチと会うときはメイクしてても
一人称はオレだしね

中身があの頃に戻ってんだろうな
外見がメンズやレデースに変わっても中身は高校生に戻るんだわ

まったく気ーつかってない状態だよね
なんかしょいこんでるわけでもないし好き放題してた頃だしね
そんときの付き合いだから

スポンサードリンク

だいぶ話それてたわ
8月になるとさ、今年はなに着ようってここ数年楽しみだったわけ
それが忘れもしない2018年12月1日の冬
遊びから帰る途中で、きょうひさびさにクレープ食べちゃおうかなって
できあがったクレープ受け取って、そういえば来年のファンクラブイベントなに着ていこうかな
またいけるの楽しみだなって考えててさ

さあ食べようって
たまたまtwitter覗いたんだ

そしたらさ、虫の知らせなのかな

そのメンバーさん脱退のお知らせがちょうど入ってた

もうクレープの味なんかわかんなくなってたよね
けっこう甘めなトッピングだったはずなのにさ
口に運んでもぜんぜん甘くないの
ただただ口に運ぶだけ
そこにあるのになにもわからない

イベントいった帰りだったからけっこう楽しい週末の帰り道だったんだけどさ
世界が一瞬でモノクロになってさ
冬にふさわしい、まさに冬の時代

永遠なんてない
不死身であるはずもない
いつかは朽ちて死んでいくもの

それなのに、好きなバンドは永久不滅だって信じていたわけだ
そしてそうじゃないんだなって初めて目の当たりにすることになったんだ

また脱退理由がちゃんと説明されてんのよ
けしてケンカ別れじゃないってすんごい丁寧にかかれてんの
そこまで書かなくてもだいじょぶだよって思うくらい真摯にかかれててさ

もうそこまでされちゃったらなんもいえないんだよね
だって大好きなメンバーさんがそんだけ誠実に慎重にしてくれてるんだもん

この世からいなくなるわけじゃないし
音楽の世界でいつかまた会えるって活動はするって
それもわかるんだけどさ

ものすごくさみしい、つらくなるくらいさみしいって
初めて泣いた

バンドにそこまで愛着をもつって今までしてこなかったからこれがホントウに初めてなんだけど
メンバーが抜けるって
もう4ヵ月後にはステージ上で見られなくなるんだって
もう夏になってもお誕生日のイベントにどんなにおしゃれをしても行くことは叶わないんだって

そう思ったら、悲しいじゃないだよね
さみしい、ホントウにさみしいって思って泣いたんだ

終わると思ってなかった
そんな気持ちに区切りが、決着がついてしまったそんなお話

ここまで前フリしといてやっと見たお芝居のお話をしよう
きょうみたのは「ミス・キャスト」

あらすじは深夜のファミレスでノルマ達成に追われるブライダルプランナー
そこに同時に3組、公開プロポーズの声
しかし3組のカップルにはそれぞれ事情があるのだった・・

題材:
ブライダル
結婚

演出:表情豊さん
宮下真実さん主演「インスタントガールフレンド」で脚本をしていた方
帰り道に心がえぐられたので降りる駅を忘れて快速で数駅つれていかれるくらい電車に揺られたお芝居の脚本をしていた方

がタッグ?「公式愛人」を組んで公演となった「ミス・キャスト」

見たら・・・たぶん・・・
えぐられるんだろうなと
薄々感づいてはいました

その題材はわたしに効くぞ
案の定効いた
ボディーブローのように効いた

後半はマンガであったら口の端から血がたれるくらいに効いていた
内臓ズタボロ

見た感想:
愛ってなんなんでしょうか?

愛の形に正解ってあるんでしょうか?

これは愛?それも愛?

愛だというなら見ているだけでなぜこんなにも
つらくなるの

カップル3組、事情を知っていくと
「その切れ味は知っている」というあの感覚

1組目:
「あのヒトのことわかるのはわたしだけだから」

出会いとは鮮烈で
キラキラした楽しい時間
特別なヒトに出会えた、このヒトの特別でいられることがよろこび

でも理解しようと勤めているのに、その思いって果たして返ってきているの?
相手はじぶんをホントウに特別だと思ってくれているの?
後悔するってわかっていても、ずるずる続いていく関係

失うのはコワイ、たとえ自分が磨り減っていくだけでも

2組目:
「長年一緒なのにわからない」

好きなのにわからない
わかりたいと思うのにわかれない

わからないからウソをつく
わかっているよとウソをつく
そしてじぶんがどんどんウソになる

平行線の愛情ってそれはホントウに愛なのかな?
かまってくれるならだれでもよかったんじゃないかな?
確認しないと不安になる愛、果たしてそれは存在しているのだろうか?

3組目:
「守るって決めたんです」

平穏は突然崩される
空いてしまった穴をふさぎたくて
なかったことにしたくてしてあげたくて

また別の穴をあける
世界はひろいのに、登場人物は2人だけ

幸せを求めた全力のお芝居
それで2人は救われるのかな?
でも離れるわけにはいかないんだ、そう言い聞かせてフタは閉じる

?組み目:
「ありがとうございました」

失敗したな
だれにでもあることでしょう
それが取り返しがつかなかいと感じたら、地獄なのでしょう

現実が地獄ならば・・いっそのこと・・・

区切りがつけば、前に進めるコトもあるでしょう
その選択をじぶんでしたなら、変わる未来もあるのでしょう

失うこと、別れること、区切りがつくこと、決着すること
ぜんぶくらったときはコワイ、ツライ、カナシイ
それが不可抗力ならば、心の折り合いはつけづらくいつまでも嘆いてしまう
それなのに傷だらけになりながら続けてしまう
傷は広がり、血は流れ続け、痛みも感じなくなるくらいに
気づいたときには手遅れで死んじゃってるかもね

願わくば、次があるならそうなりませんように

スポンサードリンク

コメント