【メイク術】「つけまつげ」の効果と選び方を科学的根拠からまとめてみた

メイク術
スポンサードリンク

「つけまつげ」をつける理由は何でしょうか?

その理由は
目をぱっちり大きく見せる
ために「つけまつげ」を使います
■アイシャドー
■アイライン
■マスカラ
■黒目カラコン
■マツエク(まつげエクステ)
そして「つけまつげ」
これらのアイメイクは
すべて魅力的で大きな目に見せることが目的です

「つけまつげ」はまだメイクに慣れていない
男の娘・女装子 初心者の強い味方になる理由を書いた記事

なぜメイクをすると大きく見えるのか?

【錯視】
が働くからです
「つけまつげ」をつける
まつげが目の端で
>-<
という形をつくる
その結果
錯視効果、発動!
通常よりも目の横幅が長くなり
目が大きく見える
■左が「つけまつげ」をつけた状態
■右が何もつけていない状態
これを知っていると
まつげにボリュームをもたせればいいので
マスカラ、「つけまつげ」
力のいれどころがわかるようになります
■使い方もきっちり決められます
例1:「つけまつげ」を使うなら
目尻のボリュームがあるものを選んでつければ効果UP
例2:マスカラで横幅を強調したいなら
目の端にしっかりつけてボリュームUPさせると効果的

以下、大阪大学にて詳しい考察が論文になっています
メイクとその錯視効果がまとめられています

 

ちゃんとこの錯視効果には名前もついています

ミュラー・リヤー錯視





この画像

もうあなたは

見たことがあるかもしれません

同じ線の外側に

【1】>< 外向きの矢羽をつける

→長く見える


【2】<> 内向きの矢羽をつける

→短く見える



同じ長さの線なのに、人間の脳が錯覚を起こすことで

このように見えます

 

使いやすい「つけまつげ」の条件

 

錯視効果はほしいけど

普段使いであればメイクは自然に見せたいもの

 

使いやすい条件は

【1】目尻にボリュームがある

>-<

この形が目標ですが、そのまま実現しようとすると

スポンサードリンク

かなり派手な「つけまつげ」となります

目尻にボリュームをもたせることで

効果的に錯視を生み出せるものがオススメ

 

【2】見た目が自然に見える毛量である

いかにも「つけまつげ」をつけています

では自然に見せるのは難しいです

まつげとまつげの間が

 

■空きすぎている

■つまりすぎている

ものは避けましょう

 

オススメ「つけまつげ」

■目尻にボリューム

■自然な毛量

なので使いやすいです

 

自分の目の大きさにあわせてカットして使いましょう

【送料無料!(クロネコDM便又はゆうパケット)】「ディーアップ アイラッシュリッチシリーズ 805」【D.U.P EYELASHES RICH つけまつ毛 つけまつげ DUP】

※「つけまつげ」をつけるには、ノリも必須です

あわせて買っておきましょう

ディーアップ(D.U.P) アイラッシュフィクサーEX 552(5mL)【ディーアップ(D.U.P)】

まとめ

 

「つけまつげ」をつける理由は

目を大きく見せるため

 

目が大きく見える理由は

錯視を使うことで目の横幅が長く見えるようになるから

 

このように知っておくと

メイクで

何が必要か

何を選べばいいか

という

目安をもって選べるようになります

 

自分にあう効果の高いものを選びましょう


スポンサードリンク