【メイク術】ファンデをキレイに塗る=建築技法を応用してみた

メイク術
スポンサードリンク

 

メイク「ファンデーション」
建築「壁を漆喰で塗る」

目的は同じです
【きれいに均一に塗りたい】

 

ほんとにそうなの?とあなたは感じるかもしれません

建築技法はメイクに応用できることをまとめてみました


参考記事:はじめての漆喰・珪藻土塗り壁DIY完全ガイド


 

 

塗り壁の手順はどうなっているのか?

■塗る面の特徴を理解する

石なのか?砂利なのか?土なのか?砂なのか?

■表面をきれいにする

掃除をして拭いておく

■塗るときは道具(コテ)を使う

■下地を塗って、表面を平らに整えておく

■下塗り・仕上げ塗りで完成

 

ではこれらをメイクに置き換えて見ていきましょう!

 

塗る面の特性を知る

 

メイクであれば【肌】

 

肌の特性を知っておくことで
やる必要のあること、改善方法がはっきりします

1番大事なところです

 

女性の肌
男性の肌

でまず違いがあります

 

それは肌理(キメ)

 

■女性の肌の特徴

肌理(キメ)が細かい

砂つぶのように小さい肌細胞で構成されている

 

■男性の肌

肌理(キメ)が大きい

砂利のように石が集まったような

大き目の肌細胞で構成されている

肌細胞大きいので肌同士にある溝も深めとなる

細胞自体が大きいと水分を保持しやすい=乾燥に強い

というメリットもある

 

それぞれイメージすると
女性の肌=粒子の細かい砂地
男性の肌=お城の石垣

 

と捉えておくとわかりやすいです

 


女装する場合

 

肌の違いがあるので
準備なしでいきなりファンデーションを塗っても

うまく仕上がりません

 

理由は
元から凸凹が大きいから均一に塗りづらい
細胞の溝にファンデーションが溜まってダマになりやすい

から

 

肌の特徴を知った上で、メイクするとよりきれいな仕上がりにできます
対策も立てやすいので、メイクの上達も早くなります


女性の肌は元から肌理(キメ)が細かいので
メイク自体は載せやすいです

 

乾燥肌などの肌トラブルを解消しておきましょう



表面をきれいにする

メイク前には洗顔をしましょう
洗顔なしでメイクするのは

顔についている余分な皮脂が残ったまま
メイクするということ



■これが塗り壁であれば
塗る前の壁に
色んなものが付着したまま作業している状態です

平らに塗るのは難しくなりますよね?

だから、表面についているものは掃除して取り除きます

■壁が乾燥してささくれているなという状態
塗り壁には適していません

そんなときは水分を追加する

 

肌であれば乾燥した状態にあたります

乾燥肌だなと思ったらここで化粧水を馴染ませ
肌に潤いを追加しましょう



塗るときは道具を使う

きれいな仕上がりを
いつでも効率的に実現するなら
道具があると便利です

オススメは【ファンデーションブラシ】です


BE MINE ファンデーションブラシ 化粧ブラシ 歯ブラシ型メイクブラシ 1本(ブラック)

■ファンデーションブラシ

先端ふわふわです
肌はコテのように固いものを使うわけにいかないですし
壁のように硬さもないので

曲面に対応できるブラシが便利です

塗り壁では道具(コテ)を使っています


■手でファンデーションを塗るのは難しい

スポンサードリンク

塗り壁を手でやれと言われたら難しい
なぜなら人間の手は
・柔らかく
・凸凹もあり
・形が変わる

ので思っている以上にキレイに塗れません

手でファンデーションを均一に塗るには
職人さんのように相当の練習と慣れが必要です

そこまでは厳しいなと感じるならばファンデーションブラシ
を使うことをオススメします


■スポンジや筆ではダメなのか?

実際に両方使って見た感想は

【1】スポンジ
手よりも塗りやすくはあります

しかし塗り加減の調節(角度、接地面積、固さ)を
手でやっている
加減を覚えるまで、やはり練習が必要です

【2】筆
リキッドファンデーションで使うとだんだん筆が
成分で筆が半ナマ状態になってしまったので取りやめました

難易度まとめ


 手 < スポンジ < 筆 < ファンデーションブラシ

←難                       易→

下地を塗る

洗顔した後も肌自体の凸凹は残っています

そこで下地を塗ることで
全体面を平らに整えておきます


メイク下地
今のオススメは
この2つ

■セザンヌと無印良品の下地です


UVベースコントロールカラー・ブルー(新) SPF50+・PA+++ 30mL


セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

混ぜることで
・色味がきれいに出る
・長持ちして崩れにくい
・どちらもお値段手頃

という理由があるので愛用しています

参考記事:最強と話題♡無印×セザンヌの下地で崩れ知らず&透明肌になれる!


■油分の多いところ、皮膚が薄いところは避ける

・油分の多いところ:鼻の頭
ファンデーションの油分と合わさると
油が多くなりぎてメイクが崩れやすくなります

・皮膚の薄いところ:目の周り(特に上まぶた)
皮膚が薄いところに下地やファンデーションは負担が大きいです
上まぶたに載せてみるとわかりますが
重みで目が疲れて、目が乾燥してきます

■塗る時のコツ
薄め、最低限の分量を意識しましょう

厚め・多めに塗ってしまうと
余ったファンデーションが行き場を失い
ムラやダマになります


わたしがメイクを始めるようなった時

これを知らず、たくさん塗っておけば安心と
厚め・多めで塗って失敗を続けていました

その結果、なんでファンデーションきれいに塗れないんだろう?
とメイクする度に思っていました

メイクの課題として、解決に一番時間がかかりました

 


下塗り&仕上げ塗りをする

いよいよ最終工程

 

メイクであれば
【1】パウダーファンデーションで仕上げ

【2】クリームorリキッドファンデーションを塗り
パウダーファンデーションor粉で仕上げ

 

わたしは【2】で仕上げています

理由は
・リキッドファンデーションは伸びがいいので塗りやすい
・ファンデーションを塗り終わった後、パウダーファンデーションで補強している
・白くなりすぎないように色の調整をパウダーファンデーションでしている

からです

 

仕上げのパウダーファンデーションは
粒子が細かいものを選んで使っています

ドクターベルツ シャルコム パウダーファンデーション (レフィル) 11g ☆{ Dr BAELTZ サロン専売品 メイクアップ ☆☆

粒子が細かいと

ムラになりにくい
少ない分量で均一にしやすい

からです

 

そして仕上がりもきめ細やかになります

ベース作りはとても重要

肌のきれいな人はそれだけで魅力的

メイクで作るベースにも同じ効果があります

 

だからきれいで均一にしたい

 

ベースが決まっていれば、見た目もグッと良くなります

逆にベースが残念だと、他のメイクで頑張っていても
雰囲気が残念になります

 

まとめ

メイクも建築も目的は一緒

きれいに均一に塗りたい

目的が一緒ならば、方法を取り入れることもできる

 

そして大事なことも一緒です

・建築であれば基礎工事
・メイクであればベース

土台がしっかりしているから

その後の仕上がりが安心できる

 

安定したベース作りに

 


メイク道具
化粧品

 

で必要なものを揃えましょう

スポンサードリンク