最近の男の娘・女装子の挑戦しやすさは異常!な5つの理由

女装
スポンサードリンク

女装しやすい環境が増えている

わたしは、ここ1~2年のタイミングでなかったら
女装してなかった
それくらい環境が変わってきている

なぜそう思うのか?
急速にやりやすさが上がっていると思う理由をまとめてみた

【1】世間の認知度UP

メディアで取り上げられる頻度が
昔よりはるかに多くなりました

■テレビならば

女装特集とか芸能人が企画でやっていたり

■ネットならば

ニュースとしてインタビューやイベント報告、動画でUPされていたり


過去の女装に対するイメージ
はネガティブ取られやすい

それはさながら
「名前をいってはいけないあの方」(ポッター的な)

みたいなタブーや忌避の対象に近いものがありました

そんな前提で
実際目の当たりにすると、めちゃくちゃ警戒されます。

しかし、メディアに取り上げられる機会が増えた

目にする機会が増える
それだけで

服装が違うだけで生活してるだけなので
いるから何か起こるなんてことはない存在ですから
受け入れやすい

実際に見るからたまに目にすると
目立つは目立ちます

不思議なことに
わたしの場合は、女装している方が話しかけられやすくなった

目立つからすぐ覚えられる

見た目が女装することによって
話しかけかやすい雰囲気になる

という恩恵すらあります


 

世間の常識なんてコロコロ変わる

例として、恵方巻きとかハロウィン

ちょっと前なら全く見向きもされないような
空気のような存在でした。

しかし、メディアで散々取り上げられた結果

見る機会が増え
今ではちゃっかり定着されています。

同じことが女装でも起きています
そして大事なのは慣れと度胸

女装で外出して

わたし:「あっ、あの人(女装だと)気づいたな」

となっても
みた人の反応は

誰か:「あー、なんだ女装子か」

とか

誰か:「初めてみたー」

という反応で収まってしまう

だから
「えっ、そのくらいで済んじゃうの?」と思うくらいに

テレビやネットで見た・聞いた「女装」で一括り


そもそも混んでる街中であれば人は自分のことなんて
ほっとんど見ていません

混んでいれば人が多すぎて
一人ずつなんて見てられない

更に
連れと話していたり
スマホを除き混んでいたり
なんてしたら不特定の人を見るなんて
一瞬

気づいた時にはもう数メートルくらい彼方

逆に人がまばらなところ
若干空いてる電車

とかだと気づかれる率が気持ち上がりますが
スマホを覗き込む人が増えている昨今
堂々としてると意外と切り抜けられる

 

【2】情報収集が短時間で終わる

男性がメイクから始まり女装しようとすると
練習が必要になります

今までやってこなかったことにトライするんです
異世界です。

0からスタートです。


化粧品単体で見ても
なんにどう使うか理解するまでがまず大変

■化粧水

聞いたことはあるかもしれません。

でも何を目的としてどのタイミングで使用するのが正しいか
わかるでしょうか?

更に化粧水だけ使っても意味がないんです
乳液、美容液がセットで必要となり

スポンサードリンク

それぞれに使用する目的やタイミングがあります

他にも

■アイライナー
アイメイクに必須のアイテムです

目の周りを囲むことで、錯覚を使って

【目を大きく見せます】

こちらも種類や扱いでこんな疑問がでてきます

ペンシル・リキッド・ジェルの種類があるの?
 

それぞれ何が違うの?
 

眼球間近で塗るんだけど、これめっちゃ怖いよ?
 

これやると何の意味があるの?
 

こんなことが頻発します。

頻発したので今なら最初からアイライナーはコレ
関連記事:
【ランキング】メイク初心者かつ男が選んだ:使いやすいアイライナーの条件【3タイプ】


今ならネットでちょいちょいと検索すれば

すぐに結果が見られます

■まずはやってみようと思ったら

「女装 やり方」で検索

■メイクを覚えたいと思ったら

「女装 やり方 メイク」で検索

■実際に見たかったら

「女装 やり方 メイク 動画」で検索

気になったこと調べれば大抵、結果がでてきます

まずはとにかく変身!という方には変身サロン

メイクに挑戦という人に、メイクのコツはコチラ
関連記事:
【メイク術】ファンデをキレイに塗る=建築技法を応用してみた
【メイク術】ウィッグで作る女性らしい輪郭、ポイントは○(まる)【女装・男の娘】
【メイク術】「つけまつげ」の効果と選び方を科学的根拠からまとめてみた

【3】変身サロンがすぐ見つかる

 

自分ひとりで全部用意して始めるのは

手間と時間がすっごくかかります

やるまでの準備だけで、燃え尽きるかもしれません

 

そこで頼れる味方となるのが

変身・メイクのサロンです

 

サロンの方針で若干違いはあるので

直接サロンに問い合わせやHPで確認は必要ですが

メイク・衣装・撮影まで

自分の事情に合わせて、やりたいことが体験できます

■サロンのいいところは他にもある

・変身したあとほめてもらえるので楽しい

・女装に対して理解があるので、スタッフさんとやり取りしやすい
↑特にここ重要です
私がよくいくサロン

居心地がとてもいいです

だから2ヶ月くらい週1ペースで遊びにいってました

チャージ代を払ってお菓子とお茶をいただきながら

オーナーさんとかスタッフさんとだべってました

女装外出して安心していける場所があるのは貴重です

メイクに慣れていないときは昼間に外にでるのに

かなりの勇気がいります

そんな状況を打破するのに、人目と理解のあるサロンがある

ことはとっても助かる!!



【4】通販で買い物が済む

■現代は情報に限らず、モノも溢れています

ネットで調べて、あれが必要これ試したなと思ったところで

昔なら、店に直接買いにいく

しか手段がなかったでしょう。

 

しかも女装の認知度は低いから、ハードルの高さが凄まじい。

何故、男がここに?
 
 何か買うのか?
 

何に使うつもりだ?
 

・・・自分用?
 

こんなやり取りはハードルが高すぎます。

あっという間に心が折れてしまう。

■超えやすいハードルならできる

初心者が単身で最初から

化粧品買いにコスメショップにいったり
レディースブランドの服屋に入ったり

めっちゃ勇気がいります。

慣れてからいくか、鋼のメンタルを装備していないと身が持ちません

でも、今の時代ならだいじょうぶ

パソコンの画面から

アマゾンやら楽天やらでポチッと購入すれば

早ければ次の日にはもう届いている。

 

思ったことが実現しやすい環境になっています

 

【5】プロ(先駆者)に会いやすい

 

【1】と【2】に関連しますが
信念ある先駆者(プロ)は、積極的に情報発信しています。

■だから検索したら、すぐ見つかる
■それをメディアが取り上げて、認知度が上がる
■発信の一環として、イベントが定期的にあります

だからイベントに参加すれば、そんなプロ(先駆者)

もう目で捉えられるくらいの距離で会うことができます

イベントによっては、直接お話するチャンスまであります

実際会えるってすごい重要です。
モチベーションがすごい上がります。

更にお話できるならこんなことができます

 

自分が今、困っていることを質問できる

プロ(先駆者)にはそれまでの経験があります

その観点から、具体的にどうしたとか似たような事例とか

役に立つ情報をもらえる確率高いのです

 

まとめ

今の時代だからこそ得られる利点5つを挙げました

やりたいと思ったことを叶えられるチャンスを得やすいのです

これは別に女装に限ったことでもありません

興味をもったことなら何でも

自分次第でアプローチできてしまうんです

 

わたしはたまたま女装という分野で

このような利点をフンダンに使った結果

■1週間で道具集め

■2週間で毎日メイク練習
 メイクっぽいものを習得
 (出来はまだまだ粗いけど、形には収めた)

■3週間で電車に乗って外出して

■4週間でサロン開催のコンテストにいきなり出場

まで一気に進めました

 

今の時代だからこそ、こんなにやりやすい

興味をもったあなた、試してみませんか?




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

スポンサードリンク