【頭の最適化】寝れなくなる前にやっておきたい、悩みの緩め方【安眠・快眠】

うつ病対策
スポンサードリンク

悩みは緩めた方がいい

こんなツイート見つけました

■悩みがあったら
ケアしてあげることが大事

■ケア方法はとにかく【アウトプット】

■具体的なケア方法
紙に書き出す
人に話す

※内容はまとまってなくてもいい
とにかく頭の外に出す

なんで睡眠と関係するの?

ヒトが寝る直前に考えていたことは
寝てる間に自動で反復処理され続ける

これが悩みであった場合
つらい・しんどいが頭の中を朝まで駆け巡る

そんなことをしていたら
寝ている間もつらい・しんどい

これでは休まるための睡眠時間が
ただの拷問に早変わり

神経も緊張状態を維持するので
体も休まらない
疲れが寝てるのにぜーんぜん取れません
これじゃなんのために寝てるんだかわからない

挙句に寝る=しんどくなるので
脳と体が寝かせてくれなくなる

ある程度ダメージが蓄積してくると
【早朝覚醒】
※深夜や早朝に勝手に目がさめる

更に進行すると【不眠】にまで至り
非常に厄介


関連記事:
【2分以内に寝る】うつ気味でもぐっすり寝れた米海軍式睡眠法【驚くほど簡単・手軽】

【不眠】あまりにも寝れないうつ病持ちがすぐできる快眠法まとめてみた【早朝覚醒】


頭の中、悩みで埋め尽くしてませんか?


頭の容量は有限
悩みに容量を使っていると

【1】新しい発想に使う分の容量が減る


【2】思考が鈍るので、どんどん選択肢が狭まる(考えられなくなる)


【3】鈍った頭で失敗が量産されていく、悩みが拡大


【4】打つ手が思いつかなくなり、身動きが取れなくなる


【5】臨界点突破、再起不能=病む

ほっとくと冗談じゃないくらい
ダメージが増えていく

しかもダメージは時間が経てば経つほど
増えていく

スポンサードリンク

まるでポケモンのどくどくの如し

※任天堂ソフト
「ポケットポンスター」の優秀な毒技
20年前の初代からある技なのにいまだにバリバリ採用される

■どくどくの効果
相手を『もうどく』状態にする。『もうどく』状態は通常の『どく』状態と違い、
受けるダメージが1/16、2/16、3/16・・・と増えていく。

一回かかって放置してしまうと、ダメージが増える。
HPがごっそりと減る
持久戦で猛威を振るう凶悪な技


悩みは育って牙をむく

うつ病にかかった実体験があるので振り返って見ましょう
悩みをほっぽり続けてそのままにしておくと
どうなっていくのか?


【1】悩みで埋め尽くされた頭は
どんどん耐えた分だけダメージを与え続ける


【2】これ以上ダメージが入ると深刻となったら
脳みそはブレーカーを無理やり落とす

【3】あらゆる五感・感情
思考回路まで全部鈍る


【4】精神を本格的に病むと自然回復能力も止まるので
ひたすらにつらい。

そしてヒトはしぶとく生きる。人生は長い

一回足を踏み入れてしまうと長期化要素・泥沼要素を持っている

回避できるなら全力でした方がいい案件
【悩み】は早めにケアした方がいい重要案件

まとめ


■頭の最適化をしましょう

パソコンだって定期的な最適化を
しないと処理が遅くなる

なぜか?

使わなくていい処理をそのまんま残しているから

ヒトであれば【悩み】がそれに当たる
=過去のトラブルや失敗
が消化されないで残っている

残っていたら残っていた分だけ【思考】に使える
容量が減る

■解決策

悪循環になる前に
アウトプットしましょう

悩みができたら
さっさとアウトプット

紙に書く
誰かに話す

帰りの電車の中とかオススメ

■寝る前は避けて下さい
悩みのカケラが残っていたら
カケラが頭を爆走します

寝る前には頭の荷物は放り出す
休む時には休む環境作り

これ大事


関連記事:
【2分以内に寝る】うつ気味でもぐっすり寝れた米海軍式睡眠法【驚くほど簡単・手軽】

【不眠】あまりにも寝れないうつ病持ちがすぐできる快眠法まとめてみた【早朝覚醒】


スポンサードリンク