写真集できました

スポンサードリンク

・写真集できました
URL:

https://p-infreedress.booth.pm/items/4350276

こんかい記事はタイトルの通りこれがメインです
じんせい生きていたらそんな日もやってくるのか
まだまだ知らないことはあるようです

 

・着たい服が降ってきたから

漠然とポートレート撮影したいなーで
ネットで服を見繕って

ビニール製のロングなメイド服を発見し
生きてる間に1度くらいはテカテカしたメイド服着ておきたいわ

なんでかわからないけど体に電飾巻いて光らせたいわ
とコロコロ、イメージはふくらみ

ここまで描けてるならあとは揃えたらできるな
絶対とりたいショットも1枚決まったからそれが撮れたらいいながスタートでした

電飾巻いたサイバーな感じのメイドに秘書を添えてがざっくりしたイメージ

撮影小物もカラフルなネオンみたいに見えるような電飾系がほしいなと思ったので、

道すがらもっていけて、
現地で準備がすぐできて、
写真で映えるやつ、
をじぶんで考え考え、撮影日までに用意

そういえば撮影があった時期は、じぶんの中で決まったテーマを作るブームがきていたので
・古のギャル、
・眼鏡かけてる系タイトスカート秘書、
・王道から脇道までメイド
をいったりきたりしながらひたすらじぶんで作っていた頃で
節目としてもちょうどいいなで撮影依頼となりました

 

・写真の仕上がりが良すぎたので

さいしょは個人用のポートレートの予定でした
いい写真が数枚あったらいいかなーくらいで

撮影を終えて
レタッチ後の写真待ち

撮影・編集してくれた方が忙しい時期っぽかったので、ぜんぶじゃなくてだいたい終わってたら
それでよいのでくださいなーと連絡して

写真が手元にやってきた

しかし
ここで問題が起きた

きた写真の構図がうまい、ほんとにうまい
撮影ってカメラマンさんの感性に任せてる面があって

わたしの頭の中にかわいいはあるけど、それをすべて伝えるだけでも時間がかかるし
伝えてもちゃんと伝わった上で、レンズ越しに実現できるのかという

一段二段とハードルがあるから、何を撮っていくかの流れはカメラマンさんに任せて
撮られてる中で、いまこう撮られてるはずだからをじぶんも探りながら調整して
たくさん撮った中の数枚気に入るのがあったらいいなという宝探しな気分でわたしはやってます

撮ると撮られる両方わかってるカメラマさんの力により
構図がうまい

暗黙の了解でわかるカワイイの構図で写ってる

小物、被写体、背景の比率とか
ライティング、角度とか

こういうのかわいいよねーがたくさん撮れていて、まずそこにビビり

そして
レタッチが本気すぎて製品みたいになってる

レタッチ済みの写真がすべて製品みたいなクオリティ
たくさん撮って良いのが数枚あったら、ウレシイなで構えていたのに良いのが60枚くらいある

これは異常事態

受け取って
撮影して、すごいのいっぱいキター!!??

「これひとりで抱えとくのもったいない」
と思わされた

それくらい写真の完成度が高いとわからされました

これまで
写真集ー?いつか出せたらたのしいかもねー?
くらいでフワフワしていたのに

急にださざるを得ない状況の方から転がり込んできたような気持ち

どうにか出す方法は・・・、写真集くらいしか思いつかない
作ったことないわー
調べてみないとわからないわー

とにかくやってみることにしました

 

・作品を世に出すってタイヘン

わたしのおしゃれはじぶんゴトです

じぶんが作りたいと思った像を

いま手元にある服、小物、メイク道具の中から

いかに忠実に、時に迂回したり、代替案でイメージ通りに作るかだけ気にしていればいい

 

そんな感じに作りたいものをじぶんの技量で作れるくらいになるまで3年かかりましたけどね

メイクの腕が伴わなかったし
ベースになるメイクの工程もおぼろげだったし
小物・服・メイク道具も組み合わせパターンをたくさんもてるほど揃ってなかったし

気づいたら8年目突入しているので、続けるだけの楽しさがあったのでしょう

じぶんゴトなので、できた姿が作品だし
世界観崩れちゃうので、それにあうような所作とかふるまいはしますが

スポンサードリンク

わたしが満足なのができたら、とてもウレシイ!
故に、鏡でチェックしてお外にでられた段階で目標は達成されているのです

さて作品ができたら
作家さんは、世に出すまでがセットでしょう

やってみたら、考えるコトとやるコトがまあ多い

作品にするまで

・作品のアイディアを考える
・必要な道具を集める
・作るのに適した材料を探す
・材料がなかった場合の解決策をだす
・実際に作る
・技量で再現できなかった部分を修正・調整する
・仕上げる

これはモノの場合なんで今回の撮影の場合だと
・衣装の選定、必要であれば追加購入
・あわせるメイク・ウィッグ・小物の選定
・一部小物を自作する必要があったので、アイディアだし
・だしたアイディアで材料を購入
・イメージ通りか試作、チェック
・撮影にもっていける数を算定
・移動中しんどくないように衣装・小物・メイク・ウィッグの分量調整

・撮影場所の選定
・撮影・編集者に日程確認
・撮影イメージの連絡
・日程決め
・荷物をまとめる
・現地に行く
・数時間休憩しつつ、集中して撮影

けっこうやることあった

これに
・売る場所を探す
・説明文や作品名を考える
・いくらにするか決める
・上記をぜんぶまとめて、出す準備をする
・売り出す

作ると違った工程、でも飛ばして進むことができない工程

お金と時間のコストがかかる
労力はじぶんだからやるのもぜんぶじぶん

でやっと売るまでこぎつけました

これを毎回やるって、燃え続ける情熱がないと厳しい

作るだけで楽しいも大いにあるのに
そこで世にだそうはまったく別の労力がドーンってのるし
かんじる大変さも違いました

だしたから売れるってわけでもないし
たくさん販売できたらいいなでやってくだろうけど
思い通りにいく保証はないし
在庫を抱えて目の前に積みあがってしまうかもしれないし

さいしょの一歩が動くかって
じぶんゴトだとじぶんが足をだしてしまえば終わりだけど

販売は
誰かが購入してくれないと絶対に完結しない

読めない、わからない、じぶんじゃない力に頼るしかない

なお、今回のわたしの写真集は告知をだして
その日のうちに売り上げが立ったので、無事、さいしょのいっぽを越えられました
買ってくれたヒト、改めてありがとうございます

数時間うごかない売上を眺めているだけでも、なにか悪かったのかなとかモヤモヤ浮かんでくる
だんだん不安、心配になってくるから
いつこれが終わるんだろうってわからずに続けるのにも労力がいる

軌道にのるまで試行錯誤ができますか?
その間、作品も作って磨いていけますか?

やったからわかる大変さがありました
まだ入り口超えたあたりだけど

一歩すすんだのでよし

 

・きょうまで何をしていたか

気づいたら1年くらいブログの更新が止まっていました

コロナが流行ってからのこの2年くらい
これまでの世界とはまったく別の世界で生きていかねばならない状況がとつぜんやってきて

以前のようにライブでコールして声をだしたりすることができなくなり
そもそもイベントの頻度が減っていたり
イベントがあっても入れる人数の制限がきつくなったり
イベント直前で中止になったり

イベント毎におしゃれして楽しんだらもっと楽しい!
でこれまで生きてきたのに、世界のほうが激変しました

これまで気分転換をイベント頼みにしてきたので、慣れるまで困ってました

結果、家にずっといると切り替えができないので

メイクすることで気分の切り替えに使ったり

これを機におうち脱毛をはじめてみたり

発達した通販をフルに使ってハロウィンのある10月中、化け倒したり

じぶんなりに変化に適用しようと
時に迷子になったり、無力感につつまれたりしながら

週5でメイクして3か月過ごしてみたらネタがつきたし
いちいち着替えるの大変だわと燃え尽き

週3~4がちょうどいいという結論になったりしながら

こんな世界でどう生きていこうかを試していたら、写真集がでる運命に当たりました
楽しいのでそれもよし

スポンサードリンク